あなたはカウンタ 人目のお客様です。

Last update February 16 2020
Sorry, This Page Is Japanese Only


今日の一言

2020/2/16 ☆
市中感染 && 夜間戦闘機

Yahoo
“症状出た後”東海道新幹線に…新型コロナ感染が確認された東京の40代男性 2/10に愛知へ出張
東京都によりますと、都内で新たに感染が確認された40代の男性会社員が、咳や発熱の症状が出た後の2月10日、東海道新幹線を使って愛知県に出張したということです。
男性会社員は、現在入院していて、重症だということです。

                 | ̄ ̄ ̄ ̄
                 | 街中で普通に感染者が広まっている状況だし、
                 | 空気感染するからマスクしていても感染するし、もう主要都市では蔓延しているだろうと覚悟を決めるしかないですな。
                 | あと一週間もすれば、満員電車を通じて、あっという間に感染が広まるのではないかと。
                  /  
          ∧ ∧  <  一体日本では何院死ぬことやら。
            (゚Д゚,,)__ \ 
     / ̄ ̄∪ ∪ /|   \____
   /∧_∧    //|
  /_ (   ´∀)_.// ┌────────
 || ̄(     つ ||/  < 早めに感染して、免疫持った方が安心じゃないのかと…(笑)。
 || (_○___)  ||   | 
              | 問題は、インフルエンザみたいに特効薬がないから、
              | 1週間近く高熱になってしまうし、若者でも重症化することだけど…。
              | 
              └────────




Yahoo
「夜間戦闘機」はなぜ「夜間」なのか? 日中の活動は苦手な「夜行性飛行機」
戦闘機 夜はひとりで飛ぶと危険がいっぱい
「夜間戦闘機」とは、文字どおり夜間に戦うことを主任務にした戦闘機のことで、飛行機が兵器として本格的に使われ始めた第1次世界大戦からありました。ただし、当時は単に敵の目を欺くために、夜空に溶け込み見つかりにくくなるよう既存機の外観を黒色などで塗っただけであり、専用装備を搭載することなどはしていませんでした。
そのため、本格的に「夜間戦闘機」というジャンルが確立したのは第2次世界大戦になってからですが、では第2次大戦時の夜間戦闘機は、第1次大戦のときのものとはどう異なっていたのでしょうか。また夜間戦闘機というものが、その後なくなったのはどういう理由からなのでしょう。
第2次世界大戦の夜間戦闘機は、真夜中に襲来する敵航空機、おもに爆撃機を迎撃するために生まれました。夜中は昼間と異なり、視界が著しく狭くなります。そのため離陸しても目標を見つけられないことが多く、戦うことすらままならないことも多々ありました。また戦闘終了後に自らの飛行場に戻ろうとした際、空だけでなく洋上や地上も含めて周囲が真っ暗だと、どう帰ればよいか判断できないこともありました。
そこで各国とも、専用の「夜間戦闘機」を作り出したのです。とはいえ、ほとんどの夜間戦闘機は、既存の双発(エンジン2基)戦闘機や軽爆撃機、攻撃機などの転用で、新規に夜間戦闘機を開発したのはアメリカとドイツぐらいでした。

レーダーの実用化が夜間戦闘機発展の一助に
夜間戦闘機のおもな特徴は、複数人が乗り込む多座機である点、夜間、視界が限られるなかを飛ぶため航法装置や通信機などが充実している点、大型爆撃機などに致命傷を負わせるため武装が強力である点、そして夜空ではエンジン排気炎が非常に目立つため、その対策で排気管を消炎式のものに換装している点などです。
また途中からは、夜間でも敵機などの目標を見つけられるよう、レーダーを搭載するようになりました。レーダーが戦場で使われるようになったのは、第2次世界大戦が最初です。
レーダー搭載の戦闘機を世界で初めて作ったのは、イギリスです。第2次世界大戦初期に起きた、ドイツのイギリス本土航空攻撃、いわゆる「バトルオブブリテン」で、襲来するドイツ軍機を迎撃するため、レーダー搭載機を1941(昭和16)年に誕生させます。これにより、それまで以上に敵機を補足、迎撃できるようになりました。
ただし、航空機に搭載できるようになったとはいえ、レーダーのシステム全体としてはまだまだ大きく複雑なものであり、小型の単発(エンジン1基)単座戦闘機に載せるのは難しく、操作もかなり手のかかるものでした。
そこで、各国とも機体サイズが大きな多座機にレーダーを搭載し、夜間戦闘機に仕立てました。これならレーダーを搭載でき、操作も操縦手以外の搭乗員に行わせることができます。また大柄な機体を生かして多数の武装や、大口径砲を搭載することができました。
ただし機動性や加速力などは身軽な単発単座戦闘機よりも劣っており、単純に戦闘機としての格闘性能は、多座機では太刀打ちできませんでした。そのため、単発単座戦闘機が飛来する昼間は基本的に活動せず、レーダーを駆使して有利に戦える夜間に、活動の主軸を置くようになりました。

レーダーの小型高性能化が夜間戦闘機に引導を渡した
当初は、既存の複座戦闘機や、中型爆撃機を流用して夜間戦闘機が作られていましたが、第2次世界大戦の半ばには、戦訓を反映して最初から夜間戦闘機として開発された専用機が登場するようになりました。たとえばドイツではHe219が、そしてなかでも代表的なものとして、アメリカのP-61「ブラックウィドウ」が挙げられます。
P-61は、「バトルオブブリテン」を戦訓に、アメリカがドイツ空軍の夜間爆撃に対抗できる高性能な夜間戦闘機を求めて開発した機体で、最初からレーダー搭載を前提に設計されていました。乗員は3名で、空冷星形エンジン2発、全長15m以上で重量は約10tと鈍重なため、格闘性能は単発単座機にかないませんでしたが、火力は強力で、機体上部中央に12.7mm重機関銃4門搭載の全周旋回銃座を装備し、機体前方下部には20mm機関砲を4門装備していました。
このように世界的に夜間爆撃が多用された第2次世界大戦で、夜間戦闘機は多数開発され、確固たる1ジャンルを開拓すると、ジェット戦闘機が本格的に普及した第2次世界大戦後もしばらくのあいだ、夜間戦闘機の開発は続きました。
しかし、レーダーの小型自動化が進み、単座のジェット戦闘機にも搭載できるようになると、夜間戦闘機の必要性がなくなります。単座のジェット戦闘機が、レーダー搭載によって昼夜問わず、さらに悪天候化でも戦闘可能な能力を手に入れたことで、昼間や夜間といった区分で戦闘機を使い分ける必要がなくなったため、「夜間戦闘機」というジャンルそのものが消滅しました。
その後、「全天候戦闘機」という呼び方も登場しましたが、現代ではレーダー非装備の戦闘機そのものがごく少数になっており、その呼び方すら聞くことは少なくなりつつあります。

      Warthunderをプレイしていると実に興味深い記事であります。
      日本の夜間戦闘機は単に双発機に後部機銃を付けたものだけど、
      アメリカはレーダーを装備しているから、まったくの別物。
      真っ暗な夜間で目視とレーダーでは勝負になりませんよ。
      (だいたいの敵の位置が分かれば、上空へ先回りして一撃離脱をしかければいいのだから…)
      

        __      ∧∧     
    = /⌒ヽ ̄ ̄/∠(| ゚Д゚)、   ))
   =  〔-=∋ ̄ ̄● ̄U ̄ ̄ ̄|~~l≫
   =   ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((



      あと、
      私がゼロ戦で戦う場合、一番苦手というか100回以上やられている米軍機が記事に出ているP-61
       エンジン出力がゼロ戦の4倍(2,250hp ×2)だから水平では追いつけないし、
      高度差を活かして一撃離脱をしかけても、頑丈だからそう簡単には致命傷を与えられないし
      逆に装甲のないゼロ戦でP-61の後部に張り付いていると、12.7o×4門の旋回機銃で簡単にやられる始末。
      
      夜間戦闘機というくくりに関係なく、装甲の薄い日本機にとってP-61は昼間でも脅威。
      基本的にゼロ戦でP-61を見かけたら、逃げに徹した方が無難だと結論つけた次第です。

        __      ∧∧     
    = /⌒ヽ ̄ ̄/∠(| ゚Д゚)、   ))
   =  〔-=∋ ̄ ̄● ̄U ̄ ̄ ̄|~~l≫
   =   ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((

◇CONTENTS

昨日までのログ ENTER

Profile ENTER

■BBS (掲示板) ENTER

■過去コンテンツ ENTER

■登山記録 ENTER

link

NA☆SU@41

ogi

GROOVE TUBE

りゅうりゅう

BAR あららぎ
 

Virus、スパム等の迷惑メールはお断り
AntiVirus&AntiSpamソフトを導入していますので、変な物が添付されたメールや、広告メール、英語だけのメールは問答無用で削除されます。
必ず日本語を入れてください!!

バナーです。リンクフリーですので〜。

Copyright (C) 1998-2009 kayamasa. All Rights Reserved.