あなたはカウンタ 人目のお客様です。

Last update September 18 2021
Sorry, This Page Is Japanese Only


今日の一言

2021/9/18 ☆
ミサイル &&  零戦

Yahoo
北朝鮮が鉄道発射式弾道ミサイルを試験
9月15日に北朝鮮が短距離弾道ミサイル2発を発射しましたが、9月16日にその試験内容が公表されました。それは驚くべきことに鉄道発射式だったのです。
試験発射を視察したのは朴正天(パク・ジョンチョン)朝鮮労働党書記で、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記の視察はありませんでした。鉄道機動ミサイル連隊の検閲射撃訓練指導を行ったとあります。
鉄道発射式弾道ミサイルの試験発射の様子
推定ですが1台の貨車に2つのミサイルを向き合うように互い違いに搭載しているように見えます。発射されているミサイルの手前にある起立した棒状の物は、既に発射済みのミサイルのレールではないでしょうか? (追記:9月16日夜に朝鮮中央テレビで発射時の動画が放送され、実際に向き合うように互い違いに搭載されていたことを確認。)
ミサイルの形式特定の問題
北朝鮮の鉄道機動ミサイル連隊が発射している弾道ミサイルは外観形状からイスカンデルの系統のように見えます。北朝鮮側の発表でも韓国軍の推定と同様の飛距離800kmであると説明されています。
今回2021年9月15日の発射は装輪型移動発射機を使っていないので大きさの特定が難しく、2021年3月25日に発射された拡大型イスカンデルと同じ物かどうかははっきりとしません。
試験発射用の白黒塗装ではなく実戦仕様のオリーブドラブ色に塗られていることから、実戦配備済みの従来型イスカンデルの可能性がありますが、北朝鮮の従来型イスカンデルは2019年7月25日の試験発射で600km飛翔したのがこれまでの最長距離です(韓国軍が一時690kmと発表するも翌日に600kmに訂正)。
しかし今回は800kmも飛んでいるので、拡大型イスカンデルの弾頭重量を減らした試験である可能性が捨てきれません。北朝鮮の9月16日の公式発表では鉄道発射式を強調している一方でミサイルの種類の詳しい説明は無く、はっきりしたことがまだ言えません。


                 | ̄ ̄ ̄ ̄
                 | 列車砲ではなく列車ミサイルか…。
                 | 先日の巡航ミサイルと言い、北朝鮮はやっかいなものを次から次に配備してきますな…。
                 | 
                 | 巡航ミサイルと弾道ミサイルの飽和攻撃されたら、今の日米では
                 | ある程度の被害を覚悟しないといけないのでしょうな…。
          ∧ ∧     | 
            (゚Д゚,,)__ \ 
     / ̄ ̄∪ ∪ /|   \____
   /∧_∧    //|
  /_ (   ´∀)_.// ┌────────
 || ̄(     つ ||/  < 北朝鮮の線路って貧弱なイメージがありましたが…。
 || (_○___)  ||   | 映像を見る限り、列車を停止させていた付近に限っては、
              | 新幹線が走れそうなほどしっかりとした軌道(枕木、線路、線路敷)になってますな。
              | 全世界に公開する映像だから、ココだけ作り直したのか??
              | 
              | 
              └────────





Yahoo
【奇跡の戦争秘話】重慶上空で「戦火を交えた宿敵」と再会した“零戦パイロット”
今年(2021)5月、104歳の誕生日を迎えた元零戦パイロット三上一禧(かつよし)は、いまからちょうど81年前の昭和15(1940)年9月13日、第十二航空隊の一員として、いまや伝説的ともいえる中国大陸・重慶上空の零戦のデビュー戦に参加した。中華民国空軍のソ連製戦闘機に対し、一方的な勝利をおさめたこの日の零戦搭乗員は13名、三上氏以外は全員が故人である。大戦初期の「無敵零戦」神話の始まりとなった空戦に参加した男たちのその後の運命とは――。

4年近くにおよんだ零戦の戦い
零戦隊の漢口基地への帰還を待って、午後7時、支那方面艦隊より報道発表がなされた。
〈中支艦隊報道部〇〇基地九月十三日午後七時發表
海軍航空部隊は本日前日に引續き重慶第卅五次晝間攻撃を實施域内要人宅を爆撃せり、この日我が戦闘機隊は敵戦闘機廿七機を捕捉敵首都上空に於て之を殲滅せり、我方全機歸還せり〉
この空戦のことは新聞でも、
〈重慶上空でデモ中の敵機廿七を悉く撃墜――海鷲の三十五次爆撃〉
〈帰ったゾ偉勲の海鷲 機体諸共胴上げ・敵機廿七撃墜基地に歓声〉(昭和15年9月14日朝日新聞西部本社版〉
〈重慶で大空中戦廿七機全機撃墜 きのふも爆撃海鷲の大戦果〉(9月15日大阪毎日新聞)
などと、いずれも軒並みトップ記事の扱いで大きく報じられた。この「大戦果」をもっとも早く報じたのは、9月14日の朝日新聞で、他紙は15日以降の報道になっている。
なお、私が中華民国空軍の記録を調査したところ、中国側はこの日、13機が撃墜され、11機が被弾損傷、パイロット10名が戦死、8名が負傷したとのことだった。
零戦はその後も中国大陸上空を席巻した。翌昭和16(1941)年9月、対米英開戦準備のため内地に引き揚げるまでの約1年間に、零戦隊の挙げた戦果は撃墜約100機、地上撃破約170機に達していた。対して零戦の損害は、3機が敵の地上砲火に撃墜され、3名が戦死。空戦で撃墜された零戦は1機もいなかった。敵戦闘機による陸攻隊の被害が激減したこともあわせ、零戦の投入は、まずは大成功だった。

――しかしこれは、その後4年近くにおよんだ零戦の戦いの、ほんの序章に過ぎない。
昭和16年12月8日、日本はアメリカ、イギリスに宣戦を布告、太平洋戦争(当時の呼称は大東亜戦争)がはじまる。
開戦劈頭、零戦隊は中国空軍相手のときと同じように米英軍機を圧倒するが、翌昭和17(1942)年6月5日、ミッドウェー海戦で主力空母4隻を失う大敗を喫し、さらに同年8月、アメリカとオーストラリア間の交通路を遮断するため日本海軍が飛行場を建設していたガダルカナル島に米軍が上陸、同島をめぐる攻防戦が激しくなると潮目が変わった。
物量をもって押し寄せる敵が次々に繰り出す新型機の前に零戦は徐々に苦戦を強いられるようになり、やがて日本の形勢が決定的に不利になると、爆弾を積んで敵艦に体当りする特攻機としてさえも用いられた。
戦争中、生産された零戦は1万機を超えるが、昭和20(1945)年8月、終戦時に残存していたのは1166機にすぎず、戦没した戦闘機搭乗員は4330名にのぼる。
(略)

   ∧∧       
  ( ゚д゚)       昭和17年初頭まではゼロ戦に匹敵する運動性能の機体は、日本以外の国は所持していなかったのだから
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_   中国相手だと圧勝するのは当然と言えば当然の戦果…。
  \/     /    戦争後半、アメリカが2000馬力級の戦闘機を繰り出して、一撃離脱に徹するようになったら、零戦ではどうにもならないですよ…。


零戦の記事がでたので…。
WarThunderの最近のアップデートで零戦52型丙が追加されて、せっせと改修していたのでその感想を…。

        __      ∧∧     
    = /⌒ヽ ̄ ̄/∠(| ゚Д゚)、   )) 
   =  〔-=∋ ̄ ̄● ̄U ̄ ̄ ̄|~~l≫    
   =   ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((    


武装が強力な分だけ重たくて、零戦22型を操縦する際の軽快感が全くなく鈍足。
それなのにバトルレートが5.0と零戦22型より0.7も高い(オンライン対戦で、より高機能な戦闘機を編成をしている人とマッチングする)
最初は無茶苦茶使いづらいなと思ったものの…。
それでも、他国の戦闘機に比べれば旋回性は勝っている。
いざ使ってみたらキルレシオは2.0を超えているのだから、零戦が雑魚って評価を改めざるをえないですよ。
機銃の威力が増すだけでここまで強くなるとは…。

活躍するには厳格な空戦エネルギー管理が求められるものの、それを理解しているベテランならこの機体は強い!
(逆に言うと、このバトルレート帯では加速力も上昇力も貧弱だから、エネルギーを失えば、まな板の上の鯉の如く落とされます…。)

        __      ∧∧     
    = /⌒ヽ ̄ ̄/∠(| ゚Д゚)、   )) 
   =  〔-=∋ ̄ ̄● ̄U ̄ ̄ ̄|~~l≫    
   =   ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((    



開始1分30秒。ソ連のBe-6を狙ったけど、上空から降ってきた味方のP63に横取りされた…。

2分。敵のP-47がこちらを狙ってきたので急降下でP-47の下に潜り込んで、旋回戦に持ち込もうとするも誘いに乗らず…。 (P-47の立場からすると、完全に零戦の背後から迫ったのに急降下で逃げられたから、背後も警戒しているベテランだと思って誘いに乗らなかったのでしょうな。こういう人は強いです。)

        __      ∧∧     
    = /⌒ヽ ̄ ̄/∠(| ゚Д゚)、   )) 
   =  〔-=∋ ̄ ̄● ̄U ̄ ̄ ̄|~~l≫    
   =   ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((    

4分20秒、敵の群れに急降下で仕掛ける。I-185の背後を取る形になったのでおいしくいただく!

        __      ∧∧     
    = /⌒ヽ ̄ ̄/∠(| ゚Д゚)、   )) 
   =  〔-=∋ ̄ ̄● ̄U ̄ ̄ ̄|~~l≫    
   =   ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((    


5分40秒、またP-47がしかけてきたので急降下で逃げる。

6分40秒、P-47と距離があるのを確認して、イギリスのハリファックス爆撃機をおいしくいただく!
これが零戦22型の7.7o機銃だと威力不足でなかなか落とせず、逆に敵の後部機銃でやられることが多かっただけに、
こんなにあっさり落とせるってのは凄い!

        __      ∧∧     
    = /⌒ヽ ̄ ̄/∠(| ゚Д゚)、   )) 
   =  〔-=∋ ̄ ̄● ̄U ̄ ̄ ̄|~~l≫    
   =   ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((    

7分40秒、またP-47が…(略)
9分40秒、ソ連のPE2爆撃機を狙おうとしたけど、これを狙うと位置的にハインケルHe51から背後をとられるので目標変更…。
戦闘機アイコンだったから警戒したけど複葉機か…。速度差ありすぎて打ち漏らす…。
その後、結果的にPE2が自分の前で旋回したので機銃を叩き込んでおいしくいただく。

11分30秒 飛行場のP-47をおいしくいただく!

        __      ∧∧     
    = /⌒ヽ ̄ ̄/∠(| ゚Д゚)、   )) 
   =  〔-=∋ ̄ ̄● ̄U ̄ ̄ ̄|~~l≫    
   =   ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((    

零戦よりハイパワーなバケモノ戦闘機だらけの戦場で4キル0デスなのは、混戦になって空戦エネルギーを失わないように、
無理な戦闘を避けるよう常に周囲を警戒して意識しているから。
周囲を警戒していなかったら、開始2分のP47から、何が起きたのかも分からないまま瞬殺されてしまうし、
開始4分20秒で別の機体を狙って旋回戦をしていたら、散開した敵機からやられているし…。

零戦が活躍したのはベテランパイロットの腕前に支えられていたのだなと、つくづく思うであります。

        __      ∧∧     
    = /⌒ヽ ̄ ̄/∠(| ゚Д゚)、   )) 
   =  〔-=∋ ̄ ̄● ̄U ̄ ̄ ̄|~~l≫    
   =   ̄ ̄`ー―-∠ニニ\∈ー´((    

◇CONTENTS

昨日までのログ ENTER

Profile ENTER

■BBS (掲示板) ENTER

■過去コンテンツ ENTER

■登山記録 ENTER

link

NA☆SU@41

ogi

GROOVE TUBE

りゅうりゅう

BAR あららぎ
 

Virus、スパム等の迷惑メールはお断り
AntiVirus&AntiSpamソフトを導入していますので、変な物が添付されたメールや、広告メール、英語だけのメールは問答無用で削除されます。
必ず日本語を入れてください!!

バナーです。リンクフリーですので〜。

Copyright (C) 1998-2009 kayamasa. All Rights Reserved.